病気に負けない

女医

乳癌を発見する手がかりになる症状とは

乳癌を早期発見するコツは、「特徴的な症状を把握しておく」「定期的に検診を受ける」ことです。この2つのコツを実践すれば、万が一乳癌が発生した時にすぐ見つけられます。

READ MORE
ウーマン

内科の種類

城東区の内科には、8つの科があるので、症状別に使い分ける必要があります。お腹に異変を感じる時は消化器内科、咳や痰などの症状が出る時は呼吸器内科を受診しましょう。

READ MORE
病院

癌治療にかかる費用

池袋クリニックで癌治療を受けるなら、費用を確認しておくことが大切です。治療費を抑えたいなら、保険が適用される範囲内の治療を選ぶ必要があります。

READ MORE

女性は気をつけなければならない乳癌

医者

女性に多い病気

女性がなりやすい癌が「乳癌」です。40代~50代の女性がなりやすいですが、20代の女性がなることもあります。死亡率が高い病気でもあるので、女性の方は気をつけましょう。

2種類の乳癌

乳癌には、非浸潤癌と浸潤癌の2種類あります。前者は、癌細胞が基底膜に包まれている早期の段階で、転移している可能性は低いです。後者は、癌細胞が基底膜から出てきている状態で、全身に転移する可能性があります。

エストロゲンとの深い関係

乳癌と深く関係しているのが、エストロゲンです。エストロゲンが過剰分泌されたり、長期間エストロゲンにさらされたりすることによってリスクが高まることがわかっています。

診療科に関する疑問

内科と外科の違いはなんですか?

内科は、循環器や消化器、呼吸器など大人がかかるほとんどの病気を診る診療科です。対して外科は、患部摘出や縫合などの外科的手法を用いる診療科です。

内科と外科はどちらが多いですか?

全体の診療科目の内、内科がおよそ26%と最も多く、外科はおよそ8%と内科の半分にも及びません。

体調が悪い時はどの診療科を利用すれば良いのでしょうか?

自分でどういう病気なのかわからない場合は、まずは内科へ行きましょう。内科は、どの科で診てもらえば良いのかという判断をする役割も果たしています。

乳癌治療はどの診療科で受けられますか?

乳房に関する病気なので、婦人科と思う人が多いですが、乳癌治療は外科的手法となるので外科で受けられます。

免疫細胞療法はどこで受けられますか?

免疫細胞療法は、池袋クリニックなどの癌治療を専門としているクリニックで受けられます。クリニックの中には、免疫細胞療法を専門としている免疫細胞療法科を設置しているところもあります。