乳癌を発見する手がかりになる症状とは|乳癌が転移する前にできる早期発見、早期治療をするポイント

命を落とす怖い病気

乳癌は、時には命を落としてしまうほど怖い病気です。早期発見をするために、下記のQ&Aを参考にして、特徴的な症状を把握しておきましょう。

乳癌に関するQ&A

乳房に痛みを感じるのですが、原因は何でしょうか?

乳癌の症状で、乳房に痛みが出る場合があります。皮膚のリンパ管に詰まっている癌細胞の浸潤が始まることが原因です。乳癌の可能性があるので、早急に検査を受けましょう。

乳癌の症状としてかゆみはありますか?

基本的に乳癌の症状で、かゆみが出ることはありません。しかし中には、乳癌の初期段階でかゆみを感じたという人もいるので、心配に思う場合は専門医に相談しましょう。

乳癌が末期になるとどのような症状が出ますか?

癌細胞が様々な部位に転移した末期の状態は、転移した臓器に痛みを感じます。

乳癌を早期発見するためにはどうしたら良いですか?

自己検診をして、自分で乳房の異変や違和感に早く気付くことが大切です。身体の表面に近い場所に発生するので、日頃から見たり触ったりしてチェックするようにしましょう。

乳癌を発見する手がかりになる症状とは

女医

自己検診と定期検診の重要性

乳癌が他の臓器に転移すると治療の難易度は非常に高くなります。しかし早期段階で治療をすれば、治りやすい病気でもあります。早期発見のために、自己検診や定期検診を行なうことが大切です。

定期検診の最適なペース

定期検診は、2年に1回のペースで受けるのをおすすめします。特に40歳からは発症率が高くなるので、定期検診は必ず受けたほうが良いです。

検査の内容

乳癌検診では、問診や視診、触診、マンモグラフィ検査などを行ないます。精密検査が必要な方は、診察を受けた方の10%ほどと低い割合です。そしてさらに、乳癌と診断される方は2%ほどです。