内科の種類|乳癌が転移する前にできる早期発見、早期治療をするポイント

内科の種類

ウーマン

内科には種類がたくさんある

一言で内科と言っても、様々な種類の専門分野に分けることができます。「消化器内科」「循環器内科」「内分泌糖尿病内科」「腎臓内科」「呼吸器内科」「血液内科」「神経内科」「リウマチ内科」の8科を総称して内科と呼びます。城東区の内科を利用する際は、出ている症状に合った内科を受診するようにしましょう。

お腹に異変を感じる場合

お腹が痛い、などの症状が出た時は消化器内科を受診すると良いでしょう。食道や胃などの消化管以外にも、肝臓や胆嚢なおの消化器と関連する臓器も診てもらえます。

糖尿病の疑いがある場合

血糖値やコレステロール値などに異常が見られる場合は、内分泌糖尿病内科が良いです。主に糖尿病を診てくれる診療科ですが、高脂血症をはじめとした代謝異常を診るケースもあります。

呼吸器に異常がある場合

咳や痰、息切れなどの症状がある場合は、呼吸器内科を受診しましょう。胸部レントゲン写真や胸部CT、気管支鏡検査などの診断をしてもらえます。

日本人の病気死因ランキング

no.1

日本人の2人に1人が癌になり、3人に1人が癌で亡くなると言われているほど、癌で亡くなる人は多いです。一生の内に、癌にかかる確立は、男性で50%、女性で40%と言われているので注意しましょう。

no.2

脳血管疾患

脳血管疾患とは、脳内出血やくも膜下出血などの、脳の血管のトラブルで脳細胞が障害を受ける病気のことです。現在でも死亡率が高い病気ですが、医学技術の進歩によって徐々に低下してきています。

no.3

心疾患

心疾患とは、狭心症や心筋梗塞などの心臓に起こる病気のことです。全身に血液を送り出している心臓に関する病気なので、死亡率が高い病気となっています。